印刷物の内容

パンフレット制作を行う印刷物の内容について

見た目が素晴らしいパンフレットと言うのは必ずしも良いパンフレットとは言えません。
デザインが優れているから売れるパンフレットと言う事ではなく、パンフレットが持つマーケティング手法の基本がパンフレット制作の中で実施されているかが大切です。

例えば、パンフレットは何かの案内を行う印刷物と言う事からも、文章だけを使ってパンフレット制作をしたとしましょう。
読み手は、パンフレットを見た時、そこには文章がぎっしりと詰め込まれており、これだけの内容の文章を読まなければならないのかと考えてしまいます。
確かに、全てを読めば理解は可能かもしれませんが、パンフレットは魅力を顧客に対して伝えることが大切であること、そして解りやすく親切な説明を心がけることで顧客の購入意欲を惹き立てる要素に繋がります。

解り難いパンフレット、何を言いたいのか、主旨が不明確なパンフレット、単なる説明が印刷されているだけで、誰に向けて作られているのかが解らないパンフレットと言うのは、膨大な費用をかけても、マーケティングとしての成果を得られる印刷物にはなりません。
他にも、写真やイラストなどが無く、文章だけで綴られているものなどは見る側にとって見る気持ちを薄れさせてしまう要因にもなります。

そのため、パンフレット制作では誰に向けて制作を行うのかを明確にする事、パンフレットの全体の流れやコンセプトを明確にして、掲載する内容について整理をしていくことが大切です。
尚、誰に向けてパンフレット制作を行うのかを明確にすることで、全体の流れやコンセプトが浮かび上がる事になります。

誰に向けてのパンフレット制作を行うのかを明確にすると、顧客ターゲットが求めているものが同時に解り、コンセプトや方向性が見えて来ます。
これにより、訴求ポイントの把握を行う事や、表紙などのデザインを作り出して一目で惹き付ける工夫を行う事、パンフレット全体の構成を描きあげると言ったステップで進めていくことになります。

尚、初めてパンフレット制作を行う人の多くは、最初にパンフレットに掲載される内容について検討をするケースが多く在りますが、どのような内容を、どのような流れで掲載していくのかを考えるのは最初ではなく、最初に行う事は顧客ターゲットを明確にしてからコンセプトや方向性を決定させ、パンフレット全体のイメージを決めた後に内容についての検討を行うと言った手順で行う事が大切です。

また、内容を決める場合は、パンフレット全体を見た時に、見やすいパターンを作り上げていくことも重要な作業となります。”