工夫次第で効果的

工夫次第で効果的なパンフレット制作を行う秘訣

営業マンにとっての強い味方は、顧客を引き付ける魅力のあるパンフレットです。展示会などで配布したときにその表紙を一目見て足を止める様なパンフレットがあれば、その後のセールストークも弾みます。配布しようとしても断られたり、受け取ってもらっても其のまま立ち去られてしまうようなパンフレットでは、どんなに優秀な営業マンでもなかなか売り上げを伸ばすことは難しいものです。

パンフレットの第一の目的は、人目を引くことにあります。よくカタログと比較されたり、同意にされることの多いパンフレットですが、パンフレットはあくまでも販促ツールであり、まず第一に顧客の興味を引き付けることが重要です。その為、パンフレット制作に於いてはどのようにして人目を引くことが出来るのか、その工夫が重要な要素になるのです。色遣い、全体のデザイン、その他さまざまな工夫を凝らして商品の効果やアピールポイントを訴求することが重要になります。

しかし、一般的にはなかなか効果的なアイディアがないことが多く、パンフレットのイメージが全体的におとなしくまとまってしまう傾向が有ります。
有効な方法の一つとして考えられるのが、顧客のターゲットを絞り込むことです。一般的にパンフレット制作においてついつい行ってしまうのが、商品の内容を全て盛り込もうとする考え方です。商品の機能、価格、効果など訴えたい内容はたくさんありますが、多くの顧客にとってその全ての内容がはならずしも必要ではないのです。

特に展示会などに来場する顧客の多くは問題点をなにかしら抱えており、その問題を解決するために来場していることが多いので、その解決方法を明確に訴求できるようなパンフレット制作を行うことが一つの方法です。例えばシステム運用で悩んでいるのであれば、システム運用の悩みを解決しますといったキャッチコピーを立て、その解決の方法について商品の機能を特化して記載することで顧客に対する訴求力は格段に向上します。

パンフレット制作に於いては、商品を販売するために訴求するポイントを絞り込むことから考えるのが最も重要なポイントです。カタログの様な機能や価格を中心に記載されているものは商品を購入することを決めた顧客が見るものですが、パンフレットはどの商品を購入するか決めていない顧客に対して訴求するものという割り切りが大切です。そのような考え方をすることで、パンフレット制作における工夫が生まれてくるものです。”