レイアウトが肝要

パンフレット制作は、レイアウトが肝要です

パンフレット制作の際には、どんな文章を使い、また写真やイラストなどの使用についても細かな検討を行う必要があります。けれどもそうした素材選びに加えて、レイアウトについても十分に考慮することが大切です。パンフレットの制作においては、その良し悪しが出来を大きく左右するといっても過言ではありません。

制作するパンフレットのどの位置に、どんな大きさで、写真やイラストなどを配置するかということに加えて、どんな書体を使い、どんな大きさで文字を配置するかということは、経験のない素人ができる仕事ではありません。デザインに関する知識を学び、その上でさまざまな経験を積んだレイアウターでなければ、できない仕事と言ってもいいでしょう。

こうした文章や写真などの見せ方一つで、パンフレットの持つ印象は大きく変わり、時には売り上げを大きく左右することも珍しくありません。そのため企業にとって、パンフレット制作は大変重要な仕事であり、どんな人物をレイアウターにするかという決断は、慎重にならざるを得ません。

私たちの身の回りには、販促ツールとして制作されたたくさんのパンフレットがありますが、そのどれ一つとして同じものはありません。それぞれの企業が自社をアピールするために、相応しいパンフレット制作を目指し、しのぎを削っている成果であるともいえます。そのため常に新しいデザインや見せ方の研究が行われており、他社のパンフレット制作を参考にし、より良いものを生み出すための努力が行われています。

時代と共に制作されるパンフレットも進化を遂げてきました。そのため前回と同じものを作っていたのでは、時代に取り残されてしまうことは確実です。パンフレット制作には多くの人が関わっていますが、その中でもレイアウトはパンフレット制作のために集められた素材をいかに上手に料理するかという、大変重要な役割を任されている仕事です。そのためレイアウトの出来如何に、そのパンフレットの成功はゆだねられていると言って過言ではありません。

レイアウト次第でパンフレットの持つイメージは大きく変わるため、どんなイメージにしたいのかにより、レイアウトを決めていく必要があります。そのためパンフレット制作においては、レイアウトの担当者はキーマンであるといえます。

もちろんパンフレット制作の際には、手にした人が興味や関心を持ってくれることが大切なのは言うまでもありません。パンフレットの出来栄えを大きく左右するのは、文章や写真・イラストなどの素材だけではなく、全体をコーディネートするレイアウトの力によることが大きいことは、パンフレット制作においてはよく認識しておく必要があるといえるでしょう。”