信頼を形にする

パンフレット制作は信頼を形にするツールを作成する事

会社案内のパンフレット制作を行う企業は多く在りますが、会社案内は営業ツールの一つとして活用される印刷物ですが、会社案内は必ずしも営業マンが直接顧客に渡すだけではなく、ダイレクトメールなどで会社案内を企業に対して送付を行い、会社の事を知って貰う目的で利用するケースも在る事からも、読み手に理解し易い内容のパンフレット制作が求められて来ます。

また、営業マンが顧客に対して営業トークの中で会社の事についての説明を行う場合にも会社案内は利用されていくことになりますが、文章だけが書かれているパンフレットと言うのは口頭で説明をすれば意味が無くなるため、営業ツールとしての有効性が低くなります。

そのため、会社案内と言うパンフレット制作において必要な事は、文章だけではなく目で見て解る内容に作りこむこと、後でパンフレットを見た顧客が、営業マンが話をしていたこととリンクすると言った事が求められます。

会社案内には会社の歴史や事業内容の紹介、事業所や工場を持つ場合はそれぞれの拠点での業務内容や特徴などを記載し、顧客がどのような会社であるのか、信頼できる会社なのかと言ったことを伝えることが目的となります。

また、この会社と取引を行う事でどのようなメリットが在るのかと言ったことも会社案内の中で伝える工夫を行ってパンフレット制作を行う必要が在ります。
尚、信頼と言うのは読み手がどのように感じるのかにより変わってくるのが特徴ですが、会社案内を見る顧客が、取引をすることでどのような利点が在るのかを解りやすく説明するためには、会社の魅力を伝える工夫を行う事が大切で、魅力を伝えることでメリットや信頼がおのずと伝わるようになります。

会社案内と言うパンフレット制作は、ページ全体の構成を作り上げることが大切ですが、ページ全体の構成を考える前に行うべき事が在ります。
それは、会社案内の目的がどのような事なのか、期待する効果はどういったことになるのか、全体のイメージなどをどのようにするのかと言ったコンセプトを作り上げていく事です。

コンセプトが決まらない段階で、ページ全体の構成を考えようとしても、会社の歴史や事業内容などについて箇条書きで掲載しただけのパンフレットになってしまい、顧客に対して取引を行う魅力や取引を行う上で重要とされる信頼を伝えることが出来ません。

尚、コンセプトが明確になる事で、掲載内容を検討し、次のステップとしてパンフレットの綴じ方や折りページを含めるなどのパンフレットのスタイルや形状を決定していくと言った手順で進めていくのが大切です。